スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

造幣局♪工場見学

2011.11.04.19:33

USJへ行った次の日に向かったのは、造幣局の工場見学。
こちらは、事前の予約が必要です。

造幣局
まずは、「貨幣」について、いろいろな説明があります。

造幣局って、「紙幣」はつくっておらず、「貨幣」のみの製造なんだとか。

貨幣(硬貨)…造幣局製造 ・ 政府(国)が発行
紙幣(お札)…印刷局製造 ・ 日本銀行が発行

お札の真ん中、一番下あたりを見てみると、
確かに、「国立印刷局製造」って、書いてある!!
ほほぉ~、こんなの書いてあったのね。知らんかった

見学では見づらい作業もあるからということで、
事前に、硬貨ができるまでのビデオを見ます。

ガラス越しの見学ですが、すべて撮影
造幣局
これが、お金になるんだとか。

造幣局
丸くうちぬいたり、縁をつけたり、焼鈍、洗浄などと、
いろいろな作業が行われているようですが、あまりよく見えません。

造幣局
丸いお金の状態になってでてきます。
でも、まだ、500円という文字やデザインが圧印がされていない、ただの円形。

造幣局
こちらで、圧印。
こちらも、ほとんど作業が見えません…

ちなみに、ザルの中には1000枚の500円玉。

造幣局 ←印なので、当然、普段見るお金と逆のデザイン。

造幣局
最後に、お金の袋詰め。
おぉ~、これだけあると、お金持ちになれそうだわ

造幣局 ←ファイルとパンフレットをいただきました。
工場見学って、その工場で製造されたものを、お土産にいただけることが多いので、
「出来立てのお金がもらえるん?」と期待した息子。
そんなわけないやん もらえるなら、欲しいけど…

今回の工場見学、いろんな豆知識を知ることができてよかったです。
例えば、
「昭和64年の100円玉と50円玉は、製造されていないため、存在しない」
「500円の00の中には、角度を変えると500円という文字が浮かび上がる」
「造幣局の桜の通り抜け、今年は128周年なので128品種の桜が植えられている」など
へぇ~って思うことがたくさんありました。

すべての見学を終えると、最後は造幣博物館へ。
こちらで、解散となりました。

独立行政法人 造幣局
大阪市北区天満1-1-79 
HP:http://www.mint.go.jp/index.html

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ  お願いします
スポンサーサイト

theme : 国内旅行記
genre : 旅行

comment

Secret

プロフィール

悠mama

Author:悠mama
関西在住。

カテゴリ
Thanks
応援お願いします
最新記事
お気に入り
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。