スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

造幣博物館

2011.11.04.20:53

造幣局の工場見学では、すべての見学を終えたあと、
こちらの造幣博物館で解散、後は自由に観覧することになります。

造幣博物館
工場見学は予約制ですが、こちらの博物館は正門で手続きをすれば予約なしでも

造幣博物館
豊臣秀吉の造った大判など、昔の貨幣が展示されています。
大判・小判となると、子どもにはちょっと分かりづらいですが、
明治時代の10円金貨などもあるので、興味をもって見ることができます。

造幣博物館
造幣局といえば、お金をつくってるっていうイメージですが、
それだけでなく、オリンピックのメダルなどもつくられているんですね。
知らんかった~

造幣博物館 造幣博物館
「貨幣」ができるまでを、パネルで説明してあります。

造幣博物館
昔は、こんな機械でお金をつくっていたんだそうです。
圧印機などの縮小模型などが展示されています。
屋外には、実物があります
造幣博物館 造幣博物館
画像左が、創業当初、明治4年の圧印機。
画像右が、明治5年に導入された圧印機で、1分間60枚程度圧印できたそうです。

展示だけでなく、体験コーナーもあります。
このコーナーは、子どもが楽しんでました。
造幣博物館
工場見学の時、袋詰めされてた硬貨、
実際には、一袋、どれくらいの重さなのか体験できます。
500円玉の場合、2000枚入り 100万円 14kgなんだとか。
結構、重い

造幣博物館
パズルなどもありました。

造幣博物館
本物の金塊・銀塊に触ることができます。
金塊時価6434万円、銀塊時価263万円
ほ、欲しい

造幣博物館
お金を入れると、大きさ・重さ・素材などを調べ、何円硬貨か判別してくれるんです。
自動販売機も、こういった仕組みでお金を判断しているのかしら?
ちなみに、自動販売機で入れたお金がかえってくる場合は、硬貨が摩耗しており、
大きさや重さの点から、判断されないんだそうですよ。

工場見学&造幣博物館、どちらも楽しめた造幣局でした

独立行政法人 造幣局
大阪市北区天満1-1-79 
HP:http://www.mint.go.jp/index.html

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ  お願いします
スポンサーサイト

theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

comment

Secret

No title

2011.11.04.21:12

造幣局、そう言えば桜の季節にニュースで見たことがある~
あの通り抜けのところですか~?
息子さんには、いろんな体験ができたことと思います。
メダルも作ってるんだ~!!ほお~~です(笑)

塊じゃなくても、かけらでもいいんだけどな。

あっぴぃさんへ

2011.11.05.08:49

そうです、そうです!
テレビにでてる、あの通り抜けのところです。
メダルや勲章をつくっているのが、造幣局だったなんて、
私も、初めて知りました。

お金って、すごく身近だけど、意外と知らないことがいっぱいで、
ほぉ~って、ことが多かったです。

金塊、これを、お土産に欲しかったv-343
プロフィール

悠mama

Author:悠mama
関西在住。

カテゴリ
Thanks
応援お願いします
最新記事
お気に入り
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。