スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡路♪吹き戻しの里

2014.05.31.06:55

引き続き、ゴールデンウィークに淡路へ行った時のお話です。

生しらす丼を堪能した後は、
吹き戻しの里へ行ってきました。

「吹き戻しって何」って思った方いませんか?
実は、私、これがそういう名称だったとは知らなかったんです。
吹き戻しの里
そっか~これって、吹き戻しっていうんだぁ~

吹き戻しの里は、
この吹き戻しを制作体験できるところなのです。
吹き戻しの里
組み立てるのは、意外と簡単。
幼稚園児くらいのお子さんも、自分で作られてました。

紙管(筒の部分)と、頭(伸び縮みする紙の部分)をそれぞれ選んだら、
早速、製作開始。

吹き戻しの里
まずは、「しごき」とよばれる作業。
頭(伸び縮みする紙)には、ステンレス線がはりつけてあるらしく、
これに巻き癖をつけるのです。

机に、しごき針とよばれる釘のようなものがさしてあるので、
そちらに頭をひっかけ、両側を持って、左右に動かし、しごいていきます。

吹き戻しの里
3~4回、しごきの作業を行い、片方の手をはなすと、
くるくるんっと巻きあがります。

吹き戻しの里
最後に、紙管にビニールテープでとりつけたら出来上がり

こちらでは、1人6本まで製作することができます。
最後に、ちょっと変わった吹き方を教えてもらえますよ。

吹き戻しの里
館内には、普段あまり見ることができないような吹き戻しも展示されていて、
実際に遊ぶこともできます。
・・・というわけで、息子がやってみました
吹き戻しの里
くわえるホースは、消毒済みのものがおいてあるので、
各自、つけかえて楽しみます。

吹き戻しの里
いろいろな吹き戻しも販売されていましたよ。

この後、帰り道、車の中で、
息子が、ひたすらピーヒュルヒュルヒュルと、やっていました

あわじ花さじき
淡路では、この他、あわじ花さじきにも行きましたが、
雨がものすごく降り始めたので、ちょこっと見ただけになっちゃいました。
お天気だったら、すごくきれいだっただろうなぁって思います。

吹き戻しの里
兵庫県淡路市河内333-1
HP:http://www.fukimodosi.org/index.shtml
入場料:大人500円 小人300円(製作体験込)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ お願いします
スポンサーサイト

theme : 近畿地方
genre : 地域情報

comment

Secret

No title

2014.06.06.12:07

コレ吹き戻しっていうんですね~
σ(^_^)は、ここで読んで知りました。
楽しい体験になりましたね。

淡路島、通行料金が高くて行けなかったんですけど、
値下がりしたんですね。
四国の通行料も下がればいいのにな~

あっぴぃさんへ

2014.06.06.21:47

よかったぁ~♪ 吹き戻しの名前を知らないのは、
我が家だけじゃなくて。
これって、普段、吹き戻しって言いませんよね?
だったらなんて言う?って聞かれると、思い出せないんですが…

距離的には淡路って近いんですが、
あの高い通行料金が淡路を遠くしてましたからねぇ。
ほんと、瀬戸大橋も安くなればいいのにって、私も思います。
そしたら、気軽に、うどんを食べに行こうってできるのに。
休日1000円だったころが、懐かしい・・・
プロフィール

悠mama

Author:悠mama
関西在住。

カテゴリ
Thanks
応援お願いします
最新記事
お気に入り
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。