スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲そば&ぜんざい

2014.06.07.20:39

出雲といえば、やっぱり蕎麦でしょう。
…ということで、出雲大社参拝後、出雲そばをいただいてきました。

かねや
出雲大社から、徒歩で行ける範囲にあるかねや
出雲大社の御用達のお店なんだそう。
店内には、有名人の方の色紙がたくさん飾られていました。

かねや
         三色割子3段 1100円
割子そば(750円)というメニューもあって、そちらも注文しましたが、
違いは、薬味がのっている蕎麦が3段という割子そばに対して、
三色割子は、それぞれに、生卵、とろろ、薬味がのっていて、
3通り味わえるということ。
正直なところ、このお値段の違いなら、割子そばで十分だったかなといった感じです。
また、薬味が一番、シンプルにお蕎麦を味わえると思います。

肝心のお蕎麦ですが、
私、お蕎麦に詳しくないし、さほどこだわりがないので、よく分からん
ただ、いつもスーパーで買ってるものよりは、断然おいしかった
でもね、なんだか、麺の太さが均一じゃなくて、時々太目のものも混じってる。
これって、そういうもの
それとも、たまたまなのかな?

かねや  ←メニューです。してご覧ください。

お蕎麦を堪能した後は、デザートをいただくためにへ。
日本ぜんざい学会
日本ぜんざい学会壱号店という、
ちょっと変わった店名のお店です。
神門通りにあり、出雲大社の勢溜の大鳥居から徒歩3分程度。

日本ぜんざい学会
          出雲ぜんざい 500円
粒餡より、こし餡という私は、
ぜんざいも、たいして好きではなく
・・・というわけで、ダンナと息子の分を、ちょこっとずつもらいました。
けっこう甘かったので、甘~いもんが食べたいって時には、いいかな。

ところで、どうしてぜんざいが名物かというと、
それは、ぜんざい発祥の地だから。
10月は『神月』といわれますが、
出雲では全国から神々が集まってくるので、『神月』とよばれるそう。
その時に執り行われる神事「神在祭」で
ふるまわれていた「神在餅(じんざいもち)」が
出雲弁でなまって「ずんざい」に、さらに「ぜんざい」になって
京都に伝わったんだとか。
なるほど~そういうことだったのね。

かねや
島根県出雲市大社町杵築東四ツ角659
参考:http://tabelog.com/shimane/A3202/A320201/32000169/

日本ぜんざい学会壱号店
島根県出雲市大社町杵築南775-11 
HP:http://www.zenzai-01.com/

ブログランキング・にほんブログ村へ お願いします
スポンサーサイト

theme : 蕎麦
genre : グルメ

comment

Secret

プロフィール

Author:悠mama
関西在住。

カテゴリ
Thanks
応援お願いします
最新記事
お気に入り
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。