スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古座間味ビーチ

2013.08.18.22:08

旅行後半は、慶良間へ行き、ひたすら海・海・海
今回は、座間味島2泊、その後、渡嘉敷島2泊のプランです。

まずは、泊港から高速船に乗り、50分で座間味へ
この高速船、夏場は混むらしく、朝一の便は満席でした。
海が穏やかだったからか、揺れることなく到着。

座間味島1日目は、古座間味ビーチへ。

座間味港から、徒歩15分。
この15分という数字だけ見れば、歩けそうな気も。
でもっ、平坦な道ならともかく、坂道なんです
そこを、炎天下の中、歩くのはきっとつらすぎる
レンタルサイクルもあるのですが、あの坂道じゃあまり役に立たなそう。

座間味港から古座間味ビーチへ行く村営バスがあるのですが、
こちらは、大人300円。
便数も、1時間に2便程度。
息子と2人で往復すると、1200円。

そこで、多くの方が利用しているのが、
古座間味ビーチにあるレンタルショップの送迎。
パラソルなど、何でも1つレンタルすれば、宿ビーチの
往復送迎をしてくれるんです。
電話一本で迎えに来てくれるし、帰りも、好きな時間に送ってもらえます。
ちなみに、パラソル(レジャーシートつき)は1000円。
ビーチチェアつきなら2000円。
少なくとも、2つのレンタルショップがあるようなのですが、
我が家は、「レンタルショップ比嘉」さんで、お願いしました。

古座間味ビーチ
海に向かって右側。
このあたりには、サンゴがあり、お魚もいっぱいいるので、
シュノーケリングに最適

古座間味ビーチ
海の中は、こんな感じ。
なぜか、お魚が一匹も写っていない

古座間味ビーチ
息子が、追っかけまわして、撮った写真。
ツノダシさん、ゴメン

P8050096_convert_20130818104151.jpg
透明度、ばっちり

古座間味ビーチ

古座間味ビーチ
癒される~

こちらのビーチ、監視の方もいますし、
食堂もあります。
古座間味ビーチ いろんなメニューがあるみたい。

古座間味ビーチ
参考:http://www.vill.zamami.okinawa.jp/

             沖縄旅行2013TOPへ

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ お願いします

theme : 沖縄旅行
genre : 旅行

一万人のエイサー踊り隊2013

2013.08.16.21:24

8月の第一週日曜日に国際通りで開催された
夏祭りin那覇 一万人のエイサー踊り隊

観光客の私たちからすると、国際通りで行われるということもあり便利。
また、エイサーを見たことないって人でも、
この祭りでは、青年会の伝統的なエイサーや、創作エイサーなど、
いろんなエイサーを見ることができるので、楽しめると思います

この一万人のエイサー踊り隊、観るだけじゃなくて、
実は、参加することもできるんです
当日の朝に、申し込みをして、演舞を教えてもらい、
にわかエイサー踊り隊として、実際に皆さんの前で披露するんです。
参加料は、1000円。
沖縄県内の方も、私たちのような観光客も、
子どもも、年配の方も、いろんな方たちが参加されています。
今年は、息子が参加させていただきました。
私は、無理…そんなことをしたら、筋肉痛になりそう。
一万人エイサーまつり
まずは、練習、琉球國祭り太鼓の方が指導してくださいます。
演目は、『ミルクムナリ』
1曲を1時間半ほどで覚えなければいけません。
けっこう、大変そう

一万人エイサーまつり
いざ、本番。
琉球國祭り太鼓をはじめ、他のエイサー団体の方とともに、
練習した成果を、披露します。
汗だくになりながら、みなさん、頑張ってましたよ~

一万人エイサーまつり
にわかエイサー踊り隊に参加した後は、いろんなエイサー団体を観て、楽しみました。

一万人エイサーまつり

一万人エイサーまつり

一万人のエイサー踊り隊
参考:http://www.walkerplus.com/event/ar1047e04900/

             沖縄旅行2013TOPへ

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ お願いします

theme : 沖縄旅行
genre : 旅行

玉陵

2013.08.15.21:42

首里城をあとにして向かったのは、玉陵(たまうどぅん)
世界遺産に、『琉球王国のグスク及び関連遺産群』として
登録されている9ヶ所のうちのひとつです。

玉陵
琉球王国の第二尚氏王統の陵墓です。

が全景。
こちらを、向かって左から、ズームアップ
玉陵
東室とよばれるところです。
この東室の上には、こちらの雌獅子がいます。
玉陵
ちなみに、中央や西側にも石獅子がおり、
県の有形文化財に指定されているそうですよ。

玉陵
真ん中は、中室。

玉陵
向かって右は西室。

当然、この中に入ることはできません。
発券所のある事務所に、資料室があるので、
事前にそちらを見学したほうがいいかも。

首里城が、たくさんの観光客で賑わっていたのに比べ、
こちらには、ほとんど人がいませんでした。

玉陵
HP:http://www.city.naha.okinawa.jp/kakuka/kyouikubunkazai/bunkazai/

               沖縄旅行2013TOPへ

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ お願いします

theme : 沖縄旅行
genre : 旅行

首里城

2013.08.15.09:02

旅行3日目の午後、首里城へ行ってきました。

以前にも行ったことがあるんだけど、再度、行きたいって思ったのは、
『テンペスト』(池上永一氏著)を読んだから
そういえば、NHKでドラマ化されてましたね。

琉球王朝のお話なので、首里城が主要舞台。
これを読んでからいくと、首里城をより楽しめると思います
ちなみに、テンペスト関連の名所が紹介されているアプリもありますよ。

では、まず、こちらの門から
首里城
2千円札にも登場する「守礼門」

首里城
「園比屋武御嶽石門」、こちらは世界遺産に登録されています。
何度聞いても、絶対読めませんが、「そのひゃんうたきいしもん」というそうです。

首里城
首里城の正門、「歓会門」

首里城 「瑞泉門」
首里城には、〇〇門っていうのがいくつもあるんです。

この門の手前にあるのが、
首里城
国王一族の飲料水である湧水、「龍樋」

午後に来たということもあり、暑い
あまり木陰がないので、炎天下の中、歩くことになります
しかも、首里城が高台にあることもあって、階段やのぼり坂が続く…

ようやく、正殿に到着
首里城
私たちが行った時には、向拝柱(正面中央の柱)の補修作業中

首里城
中に入ると、国王が座る王座「御差床」などを見ることができます。
それにしても、豪華やわぁ~

首里城
現在の首里城は、1992年に復元されたもの。
以前の首里城の跡が分かるように、床がガラス張りになっているところもあります。

首里城
高台にあるので、那覇市内が見渡せる

首里城
こちらの「鎖之間」は、王子の控所だったところらしい。
今は、琉球王朝時代の伝統的なお菓子をいただくことができる場となっています。
首里城
花ぼうる・くんぺん・ちんるいこう・ちんすこうの4種類のお菓子と、
さんぴん茶のセット(300円)です。
琉球石灰岩を利用した庭園を見ながら、の~んびりお茶を飲むことができました

今回は、息子も一緒に「テンペスト」を読んでいたこともあって、
「ここが、主人公の働いていたところや~」とか
「〇〇の場面で、ここがでてきたよね」など、
前回より、楽しく回ることができました

首里城
HP:http://oki-park.jp/shurijo-park/index.html

               沖縄旅行2013TOPへ

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ お願いします

theme : 沖縄旅行
genre : 旅行

サン食品♪沖縄そば手作り体験

2013.08.14.08:04

旅行3日目は、サン食品『サンサンキッチン』へ。
こちらでは、沖縄そば手作り体験ができるんです
サン食品
3年ほど前に一度参加したことがあるんだけど、
息子は、とても楽しかったらしく、また行きたいなぁってよく言ってたの。

まずは、沖縄そばの作り方のデモストレーション&説明を聞いてから、
体験スタート

サン食品
粉に仕込み水(水、塩、かんすいを混ぜたもの)をいれ、
こねていきます。

こね終わると、しばらくねかせるのですが、
その間に工場見学へ
サン食品
沖縄そばや冷麺などをつくっている過程を見ることができます。
ちなみに、写真撮影

工場見学が終わると、そば作り再開。
サン食品
生地をめん棒で伸ばしていきます。

サン食品
麺切り包丁で切っていくのですが、
息子よ、太さがそれぞれ違うんですけど…
まっ、そこは、手作りのよさってことにしときましょう

サン食品
手で麺をギュ~っと握ります。
すると、ストレート麺がちぢれ麺に

サン食品
茹でてもらいます。
その後、油をからませて麺が完成。
(この工程は、自分ではできません)

サン食品
ちょうど2人前の麺ができました
これね、このままの状態で食べても、うっすら塩味がして、けっこういけるんです

サン食品
出来上がり~
コシがあって、いい感じ
自分で作ったそばは、やっぱり、おいしいね

最後に、沖縄そばの歴史などを説明していただき、
修了証をいただきました。

この体験、所要時間は、約3時間。
事前予約が必要です。

サン食品
沖縄県糸満市西崎町4丁目13番地6
HP:http://www.sun-foods.net/
駐車場:有り
 那覇バスターミナルより89番線乗車 
   西崎2丁目or工業団地入口下車後、徒歩5~10分

               沖縄旅行2013TOPへ

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ お願いします

theme : 沖縄旅行
genre : 旅行

プロフィール

悠mama

Author:悠mama
関西在住。

カテゴリ
Thanks
応援お願いします
最新記事
お気に入り
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。