スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢観光5~金沢21世紀美術館~

2015.09.08.21:32

今回の旅、最後の目的地は、金沢21世紀美術館

こちらの美術館、有料のエリアと、無料のエリアがあるんです。
まずは、屋外にある無料のエリアへ。

金沢21世紀美術館
これは、椅子かな???
こうやって、ずらりと並ぶと、オシャレですね。

金沢21世紀美術館
芝生の広場に、いくつか点在していたこの作品、
地中に管があって、2個ずつペアでつながっているんだそう。
けっこう離れた人とも話すことができましたよ。

金沢21世紀美術館
‘ラッピング’という作品です。
複雑な形やわぁ~
中に入ることもできました。

金沢21世紀美術館
‘カラー・アクティヴィティ・ハウス’
3つの色ガラスの壁が渦巻き状にあります。
中に入ってみると、見る場所や角度によって、
全然違う見え方になってて、おもしろい。

21世紀美術館
金沢21世紀美術館と聞いて、こちらを思い浮かべる人も多いはず。
この‘スイミングプール’という作品、
プールの上からも、その中でも楽しむことができるんです。

ただし、プールの上から見るのは無料なんですが、
中に入るには、有料なんです
その時期に催されている展覧会のチケットが必要です。

では、まずは、上から見てみましょう
21世紀美術館
おぉ~水中に人がいるように、見えるぅ~~~

次は、プールの中へ
21世紀美術館

21世紀美術館
ジャンプをしたりして、なんとか泳いでいるようなポーズを撮りたかった息子。
かろうじて、浮上しているようには、見えるかな???

このプールの中に行きたいがために、我が家は観覧券を購入。
ちなみに、その時の展示は、『3.11以後の建築』
申し訳ないけれど、さっぱり分からん
せめて、何か絵画とかだったら、へぇ~って見たと思うんですよ。
かなりの方が、観覧券をを購入されてたんだけど、
この展示をじっくり見てる方って、あまりいなかったと思う。
みなさん、目的は、スイミングプールをはじめてとする、
ガイドブックに掲載されているような常設展示なんじゃなかなぁ。

金沢21世紀美術館
こちらは、トイレ内にある作品、‘あなたは自分を再生する’
・・・というわけで、この作品の目の前の光景は 

金沢21世紀美術館
屋根の上にある作品は、‘雲を測る男’
ちょっと見えづらいので、ズームアップ
金沢21世紀美術館

普段は、アートというものに、全く縁のない我が家ですが、
こちらの美術館は、ただ観るだけではないので、
楽しく過ごすことができました。

金沢21世紀美術館
HP:https://www.kanazawa21.jp/

     青春18切符の旅~北陸~TOPへ

にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ

theme : 旅行記
genre : 旅行

金沢観光4~金沢城・尾山神社・武家屋敷跡~

2015.05.27.21:08

旅の最終日、まずは、宿泊先から徒歩圏内だった金沢城へ。
金沢城
金沢城公園内への入り口は、いくつかあるようですが、
こちらは、兼六園から近い石川門です。

金沢城
桜が満開で、とってもキレイです

天守閣は、1602年、落雷により焼失したため、ありません。
また、1759年の火災で、城のほとんどを焼失したんだそうです。

金沢城
こちらは、平成13年に復元された五十間長屋
武器や什器等の倉庫なんだとか。
入館することができるようですが、私たちは、かなり早い時間帯に行ったため、
まだ開館していませんでした。
中が気になるわぁ~

金沢城
玉泉院丸庭園です。

金沢城は、何度も修築が繰り返されたことなどから、
いろいろな種類の石垣をみることができるんだそうです。
「石垣めぐり」のパンフレットも配布されていましたよ。
・・・が、私、そこまで石垣に興味があるわけでもなく
なんとなく、園内を、ぶらぶらとお散歩して、出てきちゃいました。
もっと、事前にいろいろ調べておけば、楽しかったのかもしれません。

金沢城公園を後にして、尾山神社へ。
玉泉院丸庭園から、徒歩ですぐのところにあります。
尾山神社
前田利家公、おまつの方をお祀りする神社です。

尾山神社
尾山神社といえば、この神門が有名なんだとか。

なんだか神社らしくない門ですね。
鳥居がなければ、神社と気づかなさそうです。
和・漢・洋折衷の門で、明治初期に建てられたもの。
国の重要文化財に指定されているようですよ。

この後、少し歩いて、長町武家屋敷跡へ。
金沢市足軽資料館
金沢市足軽資料館は、足軽屋敷2棟を移築再現したもの。
屋敷内へ入ることもできます。

武家屋敷跡
旧加賀藩士高田家跡です。
復元された長屋門をみることができます。
長屋門は、中級武士以上に設置することができたんだとか。
無料で公開されています。

武家屋敷跡
武家屋敷跡野村家は、有料公開です。
…というわけで、入館せず。

この後は、さらに歩いて、金沢21世紀美術館をめざします。

     青春18切符の旅~北陸~TOPへ

にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ

theme : 旅行記
genre : 旅行

金沢観光3~ひがし茶屋街・近江町市場~

2015.05.25.14:05

兼六園を後にして、ひがし茶屋街へ。
ひがし茶屋街
昔ながらの街並みが残り、
とっても雰囲気が良いところです。
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されているんだそう。

ひがし茶屋街
お土産物屋さんや飲食店が立ち並んでいます。
旅行雑誌で紹介されているような有名な和菓子店も多くあり、
このあたりで、一通りのお土産がそろいそうです。
そういったこともあり、観光客でいっぱいのエリアです。

「一見さんお断り」のお茶屋さんですが、
こちらでは、昼間に、一般公開されているところもあるそうです。
また、1820年に建てられたお茶屋さんも、
手を加えることなく、そのまま残っており、見学することができます。(有料)

我が家は、特にお茶屋さんに興味があったわけではないので、
おいしそうな和菓子を数点購入し、
ぶらぶらとお散歩して終わりました。

この後は、近江町市場へ。
近江町市場
お魚屋さんや八百屋さんなど、いろんなお店がありました。
どうやら、食べ歩きが楽しめそうなところのようなのですが、
我が家が到着したのは、17時半ごろ。
店じまいの真っ最中のお店が多く、
結局、何も購入せずじまい…

また、飲食店も何軒かあり、
その中でも、海鮮丼をいただけるお店が多かったような…
海鮮丼も捨てがたかったのですが、
回転寿司屋さん「大倉」に入ることに。
回転寿司とのことでしたが、
私たちが行った時は、レーンは回っているものの、
お寿司は、全くといっていいほど回っておらず、
注文して握ってもらうといった感じでした。

そして、いつも行く100円回転寿司では見かけないネタがずらり
その中でも、息子は「のどくろ」が気に入ったらしい。
とってもおいしかったのですが、当然、お値段は、普段の何倍も…

お寿司は楽しめましたが、
市場そのものは、なんだかよく分からないままに
後にしてしまったような気がします。
もっと、早い時間帯に行けば、よかったなぁ。

     青春18切符の旅~北陸~TOPへ

にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ

theme : 国内旅行
genre : 旅行

金沢観光2~兼六園~

2015.05.23.07:29

日本三大名園の1つである、兼六園

私たちが行った日は、入場料が無料
兼六園では、桜の時期、入場料が無料になるのです。
気象庁の開花発表をうけて、無料期間が決められるそうで、
毎年、日程は違うんだそう。
今年は、4月4日~12日でした。

兼六園
は、徽軫灯籠(ことじとうろう)
琴の糸を支える琴柱(ことじ)に似ているのでその名が付いたんだそう。
この灯篭は、2本脚。
しかも、それぞれの脚の長さが違います。

兼六園
手前には、橋があります。
兼六園を代表する景観だけあって、
このあたりは、人がたくさん。

兼六園
雁行橋(がんこうばし)は、
11枚の赤戸室石を使用し、雁が夕空に列をなして飛んでいく姿をあらわしているらしい。
この橋を渡ると長生きするとされているようですが、
現在は、渡ることができません。
残念・・・

兼六園
根上松(ねあがりまつ)です。
盛り土に植えられ、成長後に土をとりのぞいたために、
根がむき出しになっているんです。
しかも、この松、大きい~~~

兼六園

兼六園
桜が満開

この桜、夜になると、ライトアップされるんです
普段は、18時(時期によっては17時)に閉園となってしまうようですが、
この期間は、21時30分まで開園されています。

この日、宿泊したホテルが、兼六園に近かったこともあって、
夕方に再度訪れてみました。

兼六園
お昼間とは、また違った雰囲気があります。

こちらの園内、とっても広いです。
公式HPに、見どころが紹介されているので、
事前に確認していったほうが、楽しめそうです。

兼六園
HP:http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/japanese/top.html

     青春18切符の旅~北陸~TOPへ

にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ

theme : 旅行記
genre : 旅行

金沢観光1~妙立寺・にし茶屋街~

2015.05.22.10:02

山代温泉を後にして向かったのは、金沢。
金沢駅
この駅、おしゃれですね~

金沢での観光は、バスを利用するつもりだったので、
バスターミナルにて、
「城下まち金沢周遊バス1日フリー乗車券」(500円)を購入。

まずは、最初の目的地である妙立寺へ。
妙立寺
拝観するには、事前予約が必要です。
※ 当日でも、空いていれば、拝観可能のようです。

我が家は、予約時間より、早く到着したため、
時間を変更していただけないかお願いしてみたところ、
空きがあったようで、早めていただけました。

予約時間の10分前から受付けが始まり、お寺に入ることができます。
まずは、全員で、こちらのお寺についての説明を受け、
その後、数グループに分かれ、寺内をガイドの方と回ります。
寺内は、撮影禁止、また自由に見学することはできません。

妙立寺
こちらのお寺は、「忍者寺」とも呼ばれているんです。
・・・が、忍者とは全く関係がないそう。
では、なぜそう呼ばれているか?
それは、見学すれば、よく分かる

隠し階段や隠し部屋、落とし穴など仕掛けがいっぱい。
ぇ~っ、そうなってるの?と、すごく楽しめます。

自由に見学できないってのは、納得。
だって、案内してもらわないと、迷子になっちゃいそうですし、
仕掛けに気づかなそうですもん。

拝観を終えた後は、少し歩いて、にし茶屋街へ。
にし茶屋街
「ひがし茶屋街」に比べると、規模が小さく、
お土産物屋さんや飲食店は、少なめです。
この後は、バスに乗り、兼六園へ。

妙立寺
HP:http://www.myouryuji.or.jp/

     青春18切符の旅~北陸~TOPへ

にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ

theme : 国内旅行記
genre : 旅行

プロフィール

Author:悠mama
関西在住。

カテゴリ
Thanks
応援お願いします
最新記事
お気に入り
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。